rinren-凛恋(リンレン)-ローズ&ツバキ シャンプー解析と口コミ

ヴェフラシャンプー

女性向け
ノンシリコン

rinren-凛恋(リンレン)-ローズ&ツバキ 基本データ

◎無鉱物油・無合成香料・無合成着色料
◎石油系界面活性剤不使用
◎ノンシリコン
◎ローズ花エキスの自然なアロマの香り

価格 1,998円(税込) 容量 520ml
@コスメの評価 4.0/7点 成分重視でシャンプー選びをする人から高評価。ダメージがひどい人、髪が硬い人からはパサつきが気になる という声。
当サイトの評価 ★★★★★ 髪や頭皮に良くないもの・余計なものを排除したシャンプー。成分は良い割に値段はお手頃。コスパ高し。

rinren-凛恋(リンレン)-ローズ&ツバキ シャンプーの口コミ

口コミ

リニューアル前のものを使ったことがあって、パッケージが変わっているのに気が付いて興味を持ちました。

シャンプーを選ぶときには、界面活性剤に何が使われているかをチェックするんですけど、 凛恋は石油系の界面活性剤が入っていなかったし、香料とかも入っていないみたいだったので試しに購入。

リニューアル前のものより使い心地も良くて満足!

シャンプーは透明でサラッとした液状。強い界面活性剤が入っていないシャンプーによくある感じの 手触りだったので安心しました。

シャンプーの匂いは、アロマで使う精油のようなナチュラルな香り。合成香料の人工的な香りよりも、個人的には こちらの方が好きです。

泡立ちはちょっと弱めかな。洗い流すと少しヌメリがあって、リンスをつけなくてもそんなにきしみませんでした。

髪を乾かすと、ふんわり柔らかく仕上がる感じ。髪の毛が細いので、自然なボリュームが出て嬉しかったです。 自然派の化粧品とかが好きだから、とっても気に入りました。

公式通販サイトを見る


rinren-凛恋(リンレン)-ローズ&ツバキ シャンプー解析評価

低刺激で赤ちゃん用のシャンプーにもよく使われる界面活性剤「コカミドプロピルベタイン」がベースのシャンプー。

その他使われている界面活性剤は、ラウラミドDEA、ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルサルコシンTEA、ココイルグリシンNa, ポリクオタニウム-7。いずれも 刺激性が低く、質の良い成分です。

ラウロイルサルコシンTEA、ココイルグリシンNaはアミノ酸系の界面活性剤なので、髪の補修効果も期待できます。 またラウラミドDEAは、シャンプーの泡立ちを補助し、他の界面活性剤の皮膚刺激を緩和してくれ、ポリクオタニウム-7 には、髪のきしみを抑える効果が。

界面活性剤の成分としてはとても優秀で、 敏感肌の人や頭皮ケアにこだわる人におすすめのシャンプーだと言えます。

界面活性剤の他には、ローズエキスなど植物のエキスやノバラ油などの精油が含まれているのが凛恋の特長。これらの 成分の保湿効果で髪のまとまりが良くなります。また、アロマのような自然な香りのもとにもなっています。

公式通販サイトを見る


rinren-凛恋(リンレン)-ローズ&ツバキ シャンプーの全成分

水、コカミドプロピルベタイン、ラウラミドDEA、ココイルメチルタウリンNa、 ラウロイルサルコシンTEA、ココイルグリシンNa、ポリクオタニウム-7、ポリクオタニウム-10、 ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、ハイブリッドローズ花水、ハイブリッドローズ花エキス、ツバキ花エキス、 ツバキ種子油、ウンシュウミカン果皮エキス、ユキノシタエキス、ヘチマエキス、ソメイヨシノ葉エキス、 シャクヤク根エキス、アシタバ葉/茎エキス、ノバラ油、ニオイテンジクアオイ油、ライム油、ラベンダー油、 BG、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、 エチドロン酸、エチドロン酸4Na、フェノキシエタノール

サブコンテンツ
  • 高いのはそれなりの理由がある。高級シャンプー専門情報サイト

このページの先頭へ