安いシャンプーを使うと髪や頭皮が傷む理由

ドラッグストアのシャンプーコーナーに行くと、 ここ最近、シャンプーの種類がものすごい勢いで増えていることに驚かされます。

「ノンシリコンシャンプー」や「アミノ酸系シャンプー」、「オイルシャンプー」など シャンプーのカテゴリーも数えきれないほどになり、選択肢の幅が増えてきました。

これはヘアケアの一環として、シャンプー選びの重要さが 広く知れ渡ってきたことの表れでしょう。 実際、毎日使うシャンプーが髪と頭皮に与える影響は大きいです。「シャンプーの良し悪しが 髪質を左右する」と言っても過言ではありません。

とはいえ、いざ購入する際に一番気になるのは「価格」だというのが大多数の人の 本音ではないでしょうか。

しかし価格を重視するあまり、安いシャンプーを選ぶことははっきり言っておすすめできません。 安いシャンプーの多くに含まれる成分が、パサパサの髪や抜け毛、頭皮のかゆみなど、あらゆる 悩みの原因になってしまうからです。

シャンプーの価格と質を左右するのは「界面活性剤」

安いシャンプーがなぜ安いのか。その理由は単純で、原料に安価なものを使用しているからです。

シャンプーの主成分は何かというと、一番多いのが水で、その次に多いのが界面活性剤です。
界面活性剤は髪や頭皮の汚れを洗浄したり、泡を立てるために使われているもので、 シャンプーに欠かせない重要な成分だと言えます。

実はこの界面活性剤にはいろいろな種類があって、価格も質もピンキリです。

界面活性剤の中には、洗浄力が強すぎて髪や頭皮に必要な油分まで洗い流してしまうものや、 髪と頭皮に浸透して、キューティクルや角質細胞を破壊してしまうものもあります。 これが髪のパサつきや抜け毛、頭皮のかゆみなどのトラブルの原因となるケースは決して珍しくはありません。

厄介なことに、そんな危険のある界面活性剤ほど安価だったりするので、 安いシャンプーの多くに使われているのが実情です。

そのため安いシャンプーを安易に選んでしまうと、髪や頭皮を傷める可能性が非常に高いのです。 髪や頭皮の健康を考えるならば、このようなシャンプーは絶対に避けるべきです。

>> 髪と頭皮にやさしいシャンプーの選び方

サブコンテンツ
  • 高いのはそれなりの理由がある。高級シャンプー専門情報サイト

このページの先頭へ