レヴール(Reveur)ノンシリコンシャンプー解析&口コミ

レヴール

男性向け
女性向け
ノンシリコン

レヴール(Reveur)ノンシリコンシャンプー 基本データ

◎ノンシリコンシャンプー
◎スカルプ(ピンク)はリンスもノンシリコン
◎頭皮のための植物性成分を配合
◎シトラスハーブの香り

価格 900円 容量 500ml
@コスメの評価 3.2/7点 華やかな香りが人気。一方で「きしむ」という声が多い。トリートメントを使えばいくらか軽減される様子。
当サイトの評価 ★★★☆☆ 皮脂が多い人や男性向き。髪がきしむ可能性あり。ロングヘアやダメージヘアには向かない。

レヴール(Reveur)ノンシリコンシャンプーの口コミ

口コミ

ノンシリコンなのに価格が比較的安いことにひかれて購入。抜け毛を防ぐための予防策的な感じで、 軽い気持ちで買ってみました。

ノンシリコンシャンプーは以前から他のものを愛用していましたが、とても高かったので経済的に続かず。

でも髪のためにはノンシリコンが良いと思っているので、ノンシリコンというのが自分の中でのシャンプー選びの絶対条件。 次に価格。

その点、レヴールは自分の希望にぴったりハマるシャンプーでした。

レヴールの使い心地ですが、ノンシリコンはずっと使っていたのでわかるのですが、コンディショナーがツルツルしないので、 最初は違和感があります。

だけどノンシリコンに慣れると、普通のコンディショナーがヌルヌルすぎて気持ち悪い感じがするほどです。

レヴールは同じブランドの中でいろんなタイプがあります。自分は抜け毛対策も兼ねてスカルプにしています。

実際どう効果があるとかは全くわかりませんが、使い続けることに意味があるのかなと思っています。香りもとてもいいのでお勧めですね。



レヴール(Reveur)ノンシリコンシャンプー解析評価

コカミドDEA、スルホコハク酸ラウレス2Naがベースのシャンプー。

コカミドDEAは皮膚に対する刺激緩和に役立ちますが、配合量が多すぎると髪質低下につながるとも言われています。 口コミで「きしみ」を指摘する人が多いのも、コカミドDEAがベースになっているためかもしれません。

スルホコハク酸ラウレス2Naは高級アルコール系の洗浄剤にしては比較的刺激が弱く、洗浄力が強いため皮脂が多い人や男性でもすっきり洗えます。

ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリルはクレンジング剤などに含まれる乳化剤で、皮脂をしっかりオフし、きしみを緩和する効果があります。 スカルプシャンプーというだけあって、皮脂を落とす効果は十分にあると言えそうです。

またセンブリエキスやオタネニンジン根エキスなど、安い割に頭皮の血行を良くする植物成分もいくつか配合。

ただし頭皮ケアがしたいなら、「Le ment(ルメント)」、薄毛・抜け毛のケアがしたいなら「haru黒髪スカルプ・プロ」の方が成分の質的にはおすすめ。



レヴール(Reveur)ノンシリコンシャンプーの全成分

水、コカミドDEA、スルホコハク酸ラウレス2Na、ココアンホ酢酸Na、 ラウロイルメチルアラニンNa、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、塩化Na、ココイルグルタミン酸TEA 、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、香料、 セテアラミドエチルジエトニウムサクシノイル加水分解エンドウタンパク、 加水分解ダイズタンパク、ウメ果実エキス、ショウガ根エキス、ゴボウ根エキス 、センブリエキス、オタネニンジン根エキス、アカヤジオウ根エキス、ボタンエキス、セージ葉エキス、 セイヨウナツユキソウ花エキス、ラベンダー花エキス、ビターオレンジ果皮エキス、グレープフルーツ果実エキス、 レモンエキス、ノイバラ果実エキス、シクロヘキサン-1.4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、 ポリクオタニウム-10、クオタニウム-33、クエン酸、異性化糖、グリセリン、BG、エタノール、 EDTA-2Na、安息香酸Na、フェノキシエタノール、 メチルパラベン

サブコンテンツ
  • 高いのはそれなりの理由がある。高級シャンプー専門情報サイト

このページの先頭へ