ロクシタン ファイブハーブスリペアリングシャンプー解析&口コミ

ロクシタン

女性向け

ロクシタン ファイブハーブスリペアリング 基本データ

◎5種類のハーブエッセンシャルオイル配合
◎有名ブランド「ロクシタン」のシャンプー

価格 3,672円 容量 500ml
@コスメの評価 4.0/7点 髪がキシみ気味になるものの、香りを気に入って長期間リピートする人が多い様子。
当サイトの評価 ★☆☆☆☆ 洗浄成分が良くない。正直皮膚が弱い人にはおすすめできない。

ロクシタン ファイブハーブスリペアリングシャンプーの口コミ

口コミ

ロクシタンのシャンプーの前は、いち髪を使っていました。 ただ、仕上がりにまとまりがないところに不満を持っていました。だからもし他にいい商品があれば、乗り換えようと思っていたのです。

そんなときに宿泊したホテル(椿山荘だったと思います)で、アメニティのロクシタンのシャンプーを使いました。

洗い上がりがしっとりしていて、即座にこれはいい商品だと思いました。家に帰ってからロクシタンについて調べたところ、 公式通販があることがわかったので、オンラインショッピングで購入しました。

以来すっかりお気に入りで、もう2年近くも使っています。

私がこのシャンプーを気に入っている理由は3つあります。

1つめは香りがいいからです。香りは「ファイブハーブス」という商品名のとおり、爽やかなハーブの香りです。甘い匂いではないので、好き嫌いは分かれるかもしれませんが、私は好きです。 ユニセックスな香りなので、カップルで使ってもいいと思います。

2つめは、洗い上がりの状態がいいからです。しっとりとまとまりますが、 ぬるぬるした感じがないので、気持ちがいいです。

3つめは、縮毛矯正のもちが良くなるからです。 私は縮毛矯正を行っていますが、このシャンプーに変えてから、髪型が長持ちするようになったなあと感じます。 なので縮毛矯正やパーマをかけている人には特におすすめです。



ロクシタン ファイブハーブスリペアリングシャンプー解析評価

公式サイトや楽天やアマゾンの販売サイトではリニューアル後の成分表示を見つけることができなかったので、これはリニューアル前の成分の解析結果になります。

高級アルコール系の界面活性剤・スルホコハク酸ラウレス2Naがベース。スルホコハク酸ラウレス2Naは高級アルコール系の界面活性剤の中では比較的低刺激ですが洗浄力は高いです。

それよりも一番の問題はラウリル硫酸TEAとラウレス-2。いずれも脱脂性&刺激性が高い界面活性剤なので、髪や頭皮のダメージの元になりやすいです。

特にラウリル硫酸TEAはたんぱく質変性作用もあるため、シャンプーを選ぶときにもっとも避けるべきといえる成分の一つだと言っても過言ではないでしょう。

また、ラウリルジモニウムヒドロキシプロピル加水分解コムギタンパクは小麦を含む成分なので、人によってはアレルギーを起こす場合があるので注意が必要です。

他にもジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、PEG/PPG-14/4ジメチコン、PEG-40水添ヒマシ油、オレイン酸グリセリル、 コカミドプロピルベタイン、ポリクオタニウム-10といった複数の界面活性剤が使用されている点もちょっと気になります。

髪に良い成分としては、パンテノールに注目です。パンテノールは髪を補修したり頭皮を保湿する効果があります。

製品名の由来ともなっている5つのハーブのエッセンシャルオイルも、髪に潤いを与えしっとりとさせてくれます。

髪に良い成分も配合されているのに、洗浄成分に難ありでもったいないシャンプーだと思います。

良い口コミもたくさんあり、ファンも多い商品でもあります。何でもそうですが人によって合う・合わないがあるでしょう。 ただ、成分的にはどうしてもおすすめできないシャンプーです。



ロクシタン ファイブハーブスリペアリングシャンプーの全成分

※リニューアル後の成分表示は不明のため、リニューアル前の成分になります。
水,スルホコハク酸ラウレス2Na,ラウリル硫酸TEA,ラウレス-2, ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース, ラウリルジモニウムヒドロキシプロピル加水分解コムギタンパク, 香料, PEG/PPG-14/4ジメチコン, PEG-40水添ヒマシ油, 安息香酸Na, 塩化Na, ヤシ油アルキルグルコシド, オレイン酸グリセリル, オクトキシグリセリン, パンテノール, ポリクオタニウム-7, コカミドプロピルベタイン, ポリクオタニウム-10, イランイラン花油, アンゼリカ根油, ゼラニウム油, ラベンダー油, パチョリ油

サブコンテンツ
  • 高いのはそれなりの理由がある。高級シャンプー専門情報サイト

このページの先頭へ