HIMAWARI(ヒマワリ) オイルインシャンプー解析&口コミ

HIMAWARI

女性向け
ノンシリコン

HIMAWARI(ヒマワリ) 基本データ

◎ノンシリコン処方&硫酸系界面活性剤不使用
◎ヒマワリオイルが髪内部の脂質と水分のバランスを整え、
髪のうねりをケア
◎エレガントフローラルの香り
◎年齢とともに髪質が変わったと感じている人におすすめ

価格 オープン価格 容量 500ml
@コスメの評価 4.2/7点 香りが強めで評価については賛否両論。まとまりがよく、リンスインシャンプーに近い使い心地という声も。
当サイトの評価 ★★★☆☆ 手軽に購入できる市販品の中では良いシャンプーです。とにかく泡立ち重視の人は気に入りそう。

HIMAWARI(ヒマワリ) オイルインシャンプーの口コミ

口コミ

僕は髪がすごいくせっ毛でしかもパサパサしているので、バサつきを抑えてくれて使い心地が良いシャンプーを探していました。 以前はパンテーンを愛用していたのですが、風呂上りに髪のバサつきを感じるようになったのでシャンプーを変えようと思ったんです。

とはいえ、どのシャンプーを使えばよいのか分からなかったので、買う前にネットで調べてシャンプー選びの参考にしました。

そこで見つけたのが「HIMAWARI」シャンプーです。尾野真千子さんのCMで知ってはいましたが、ヒマワリの成分を使ったシャンプーなんて初めてだったので、 興味が湧いて使ってみたいと思ったんです。

ヒマワリの成分がどれほど髪の改善に効果があるのか、そもそも本当に効果があるのか不安だったんですが、 実際に使ってみると徐々に髪のクセやパサつきがおさまったので、本当に効果があるんだなぁと思いました。

香りがすごく良いです。さわやかでフルーティーな香りで、しかも甘ったるくないので気に入ってます。

また泡立ちも良く、初めて使った時に髪がきしむこともなくなめらかに洗えたのでとても気持ち良かったです。

でもそれよりも髪の状態を改善してくれる点が一番気に入っています。昔からひどいくせっ毛に悩まされていたので、 実際にこのシャンプーを使って徐々に良くなっているのが分かったときは感動しました。

他のシャンプーを使っていた時に感じた髪のパサつきが、これを使うようになってから感じなくなったので、すっかりお気に入りです。



同じオイルシャンプーならこちらもおすすめ!
>>Le ment(ルメント)高濃度炭酸オイルシャンプー

HIMAWARI(ヒマワリ) オイルインシャンプー解析評価

ココイルメチルタウリンNa、パーム核脂肪酸アミドプロピルベタインといった低刺激な界面活性剤が洗浄成分のベースになっています。

特にココイルメチルタウリンNaは低刺激なだけでなく、泡立ちも良い優れた洗浄成分。

界面活性剤で気になるのがラウロイルサルコシンTEA。一般的に低刺激とされるアミノ酸系の洗浄成分ですが、ラウロイルサルコシンTEAについては高い洗浄力を持っていて刺激性が高めです。

ただしベースで使われているわけではないので、そこまで心配する必要はありません。

「HIMAWARI」シャンプーの大きな特徴が、ヒマワリ種子油、ヒマワリ種子エキス、ヒマワリ花エキス、ヒマワリ芽エキスといったヒマワリ由来のオイルです。

ヒマワリオイルは流動性と浸透速度に優れているので、髪の脂質と水分のバランスを整え、髪のうねりを緩和するとされています。

また、ノンシリコンなため髪がきしまないようグアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドが添加されています。

グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドは植物由来の界面活性剤で、髪を柔らかくし指通りをよくします。



HIMAWARI(ヒマワリ) オイルインシャンプーの全成分

水、ココイルメチルタウリンNa、パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、 ココイルグルタミン酸TEA、ラウロイルサルコシンTEA、コカミドMEA、 ジステアリン酸グリコール、ココイルグルタミン酸2Na、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、 ヒマワリ種子油、ヒマワリ種子エキス、ヒマワリ花エキス、ヒマワリ芽エキス、アセチルグルコサミン、 グリセリン、塩化Na、ミリスチン酸、ココイルトレオニンNa、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、 ココイルグルタミン酸Na、クエン酸、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-49、ポリクオタニウム-7、 エタノール、EDTA-2Na、安息香酸Na、香料、カラメル

同じオイルシャンプーならこちらもおすすめ!
>>Le ment(ルメント)高濃度炭酸オイルシャンプー

サブコンテンツ
  • 高いのはそれなりの理由がある。高級シャンプー専門情報サイト

このページの先頭へ