BOTANIST(ボタニスト) ボタニカルシャンプー解析&口コミ

ボタニカルシャンプー

女性向け
男性向け
子どもOK
ノンシリコン
アミノ酸

BOTANIST(ボタニスト) ボタニカルシャンプー 基本データ

◎ノンシリコン処方
◎植物由来成分使用

価格 1,400円 容量 490ml
@コスメの評価 4.6/7点 泡立ちに定評あり。脱脂性が高いためか、中には髪のぱさつきやきしみが気になるという人も。
当サイトの評価 ★★★☆☆ 使われている界面活性剤の種類が多い。しかし質は悪くない。洗浄力はやや高めで男性もおすすめ。 石鹸成分も使われているため、髪のごわつきが気になる人には向かないかも。合う合わないがはっきりわかれる シャンプーのため、この評価。

BOTANIST(ボタニスト) ボタニカルシャンプーの口コミ

口コミ

もともと口コミサイトの@cosmeで見て知っていて、その後 友達の家に泊まったときにお風呂場にあるのを見て私も欲しくなりました。

シンプルなデザインでサロンに置いてありそうな デザインがすごく気に入ってます。高級感があって、お風呂場に置いておくだけでもリッチな気持ちになれます。

見た目だけでなく、使用感にも大満足!

髪がしっとりするといいな、良い香りだといいなという期待をもって購入したのですが、 まさにビンゴですばらしいと思いました。

以前使っていたシャンプーは香りがほとんどなくて、 髪がキシキシになってしまうところが不満でしたが、その点も文句なし。

私はシャンプーを選ぶとき成分を必ず見るんですが、ボタニストは植物由来成分で出来ていて、 弱酸性なので肌が全く荒れずに助かっています。弱酸性のシャンプーってなかなかない んです。

刺激の弱いシャンプーは香りも弱い傾向があって、トリートメントをつけないと満足できない場合が 多いのですが、ボタ二ストはシャンプーだけでも香りが持続しますので素晴らしいです。きめ細かい泡立ちで、 汚れをよく落としてくれます。泡切れもよくさっと洗い流せばOKです。

容量もたっぷりの490mlですのでコスパ的にも良いと思います。

さすが@cosmeの口コミがとても良いだけのことはあるな、と思いました。

楽天で大人気!>> BOTANIST ボタニカルシャンプー


BOTANIST(ボタニスト) ボタニカルシャンプー解析評価

使われている界面活性剤はどれも低刺激なものですが、とにかく配合されている界面活性剤の種類が多い印象です。 総合して、やや高めの洗浄力に仕上がっています。

たとえば「弱酸性のせっけん成分」と表現 されているのは、ラウレス-4カルボン酸Naという界面活性剤。脱脂性に優れているのが特長で、 男性や脂性肌の方に合うと思います。

使用する際に気をつけた方がいいことは、とにかくしっかりすすぐこと。

特にコカミドプロピルベタイン、ラウラミドプロピルベタインは頭皮に残りやすいので、すすぎをしっかり しないと、べたつく可能性があります。

楽天で大人気!>> BOTANIST ボタニカルシャンプー


BOTANIST(ボタニスト) ボタニカルシャンプー(モイスト)の全成分

水、グリセリン、コカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルアラニンNa、 ラウラミドプロピルベタイン、ラウロイルサルコシンNa、ラウレス-4カルボン酸Na、 ココイルグルタミン酸Na、デシルグルコシド、グリチルリチン酸2K、 サトウキビエキス、 セラミド2、PEG-30フィトステロール、加水分解ヒアルロン酸、加水分解コラーゲン、コカミドMEA、 リンゴ酸、 ポリクオタニウム-10、エタノール、BG、DPG、セテアレス-60ミリスチルグリコール、PPG-4セテス-20、 EDTA-2Na、メチルイソチアゾリノン、メチルクロロイソチアゾリノン、香料

サブコンテンツ
  • 高いのはそれなりの理由がある。高級シャンプー専門情報サイト

このページの先頭へ